×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



相模川 リンク集

相模川(さがみがわ)は、山梨県・神奈川県を流れる相模川水系の本流で、一級河川である。

上流の山梨県では、桂川(かつらがわ)、河口近くの下流では、馬入川(ばにゅうがわ)と呼ばれている。古くは、鮎川(あゆかわ)と呼ばれた。 山梨県南都留郡山中湖村、富士五湖の一つでもある山中湖を水源とする。富士山北麓の水を集めながらまず北西に流れ、富士吉田市で北東に折れる。都留市を経て大月市で流路を東に変える。相模湖と津久井湖(ともに相模原市)という2つのダム湖を経て、ゆるやかに進路を変え、厚木市からは南にまっすぐ下り、神奈川県中部を貫き平塚市・茅ヶ崎市の境付近で相模湾に注ぐ。 都留市より上流では富士山の噴火による噴出物に関連した地形が見られる。大月市付近より下流では河岸段丘が分布し、相模原市城山町より下流に相模平野を形成する。左岸には数段の段丘面を持つ相模野台地(相模原台地)が広がり、南に流路を変えた厚木市・座間市よりも下流には自然堤防を伴った沖積平野を発達させている。河口における三角州の発達は見られない。 古相模川は現在の鶴見川河口から古東京湾に注いでおり、西遷の過程で現帷子川・現引地川・現境川の流路を穿ったと考察されている。

相模川では1938年に神奈川県が相模川河水統制事業に着手し、以来戦後にかけて総合的な河川開発事業が進められた。相模湖は、相模ダムで作られた湖で、発電と取水に利用されている。城山ダムで作られた津久井湖は取水に利用されている。これら湖のほか、支流の道志川と中津川も横浜市など神奈川県の水源になっている。また支流の中津川にある宮ヶ瀬湖は(芦ノ湖を除く)県内水源地のほぼ全てが県水であるのに対して国土交通省直轄であり、渇水時には優先して他都県(主な供給対象は東京都)に供給される水源である。 古名の鮎川が示すように、鮎がとれる川である。今でも山梨県、さらに津久井ダム以南、神奈川県流域でも鮎が釣れる。天然遡上のものも神奈川県流域で確認されている。毎年、現地漁業組合の管理のもと、放流も行われ、解禁後は多数の鮎釣り客で賑わう、また不忍池などに営巣するカワウがこの鮎などを採餌するために毎日通勤している。一方、粗大ゴミの不法投棄や釣り人およびレジャーで訪れる人々の捨てていくゴミが問題になっている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 相模川 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4